So-net無料ブログ作成

2014年1月7日 [その他(戦史研究関係)]

2014年がスタートしました。本年もよろしくお願いします。

rekiguncover.JPG

昨日、学研パブリッシング刊『歴史群像』誌の最新号(2014年2月号)が届きました。今回の担当記事は2本あり、1本目は「WWII タイ王国戦史」。

rekigun2.JPG

太平洋戦争勃発時、タイは東南アジア唯一の独立国で、開戦後は日本と軍事同盟を結んだが、日本の敗北と共に「戦勝国」の側へ。外交の秘策で勝利しました。タイの政情は、昨年から混乱が続いており、現在もなお流動的ですが、あそこはバックパッカー旅行の「初級編」で行くには最適な国でもあり、早く落ち着いて旅行者が行けるようになれば、と思います。

rekigun1.JPG

担当記事2本目は「中台紛争の戦跡を訪ねる 金門島の現在」。大陸の目と鼻の先にある金門島は、今も台湾が実効支配している小島で、昨年10月に訪問した時の話は以前の記事でも紹介しました。この記事に掲載されている写真も、私が現地で撮影したもので、一眼レフでないコンパクトのデジカメで撮った写真ですが、このくらいのサイズと用途であれば印刷物(350dpi)にも充分使える画質ではないかと思います。この種の写真つきの戦跡リポートについては、今年もより規模を拡大して行う予定です。

今月は、昨年から続いている文庫本執筆の最終仕上げと、『コマンドマガジン』次号の担当記事「第7の視角」(『ウエストウォール』の「アルンヘム」紹介)、そして『歴史群像』誌次号の担当記事「第一次世界大戦への道」の執筆を行います。それらが終わったら、シックス・アングルズ第16号と「箱入り特別版」製品の製作に着手します。




nice!(0)  コメント(0)