SSブログ
仕事関係のおさらい ブログトップ

2022年5月31日 [仕事関係のおさらい]

2か月ぶりの更新です。まずは、今年二冊目の新刊のご紹介から。

未完の敗戦s01.jpg

5月17日に『未完の敗戦』(集英社新書)が刊行されました。この国は、なぜ人を粗末に扱うのか、という社会問題の根源を多角的に検証すると、1945年の敗戦で社会から除去されたはずの「大日本帝国型の精神文化」があちこちに残っているからだという結論に至りました。

未完の敗戦s02.jpg

タイトルの『未完の敗戦』とは、1945年の「敗戦」を日本はきちんと「完結」しなかった、つまり問題の根源である「大日本帝国型の精神文化」を社会から一掃できなかったがために、今また当時と同じ過ちを繰り返しているという意味です。

未完の敗戦s03.jpg

その象徴が2021年夏の東京五輪(オリンピック・パラリンピック)の開催強行で、自民党の菅政権による、コロナ感染拡大中の東京五輪開催強行が、いかに人命を軽視した異常な暴挙であったか、NHKなどの大手メディアはそれにどう加担したかを、大量の資料に基づいて批判的に検証しています。

未完の敗戦s04.jpg


未完の敗戦s05.jpg

帯に書かれているような日本社会の問題について「こういう問題がある」という指摘や批判は多いですが、それらに共通する根源的な原因を探る分析は、あるようで実は見当たらないように思います。本書は問題点の批判だけでなく、どうすればそこから脱却できるかという前向きな提言もしています。今ならまだ、前回「大日本帝国がたどった道」から市民が降りられる段階です。さらに加速すれば降りられない。人が粗末に扱われる精神文化は、もう止めにしましょう。

未完の敗戦 朝日広告 20220517s.jpg

5月17日の朝日新聞朝刊に掲載された『未完の敗戦』(集英社新書)の広告。隣の『フィンランド 幸せのメソッド』との対比がすごい。

3年前 歴史戦と思想戦2s.jpg

3年前の5月17日の朝日新聞朝刊に掲載された『歴史戦と思想戦』(集英社新書)の広告。『未完の敗戦』の中でも、大日本帝国を擁護する「歴史戦」について触れた箇所がありますが、重複を避けるため、要点のみに絞り込んでいます。併せて読んでいただければ、その箇所の理解がより深まるかと思います。

青春と読書4s1.jpg


青春と読書s2.jpg

集英社の情報誌『青春と読書』6月号には、私のインタビュー記事(6ページ)が掲載されています。主な内容は『未完の敗戦』の執筆意図ですが、プーチン大統領のウクライナ侵攻での思考や行動が、大日本帝国のそれと似通っている理由などの話題にも言及しました。一冊91円で、書店で注文できると思います。

青春と読書 インタビュー ネット版s.jpg

この『青春と読書』6月号に掲載された私のインタビュー記事は、ネット版で全文読める模様です。歴史の話が多いですが、どれも今の日本社会の問題点と繋がります。

『未完の敗戦』山崎雅弘さんに聞く「過去の誤った道を再び歩まないために──」(集英社 青春と読書)



歴群 キエフ包囲戦1s.jpg

5月6日には、「歴史群像」誌の6月号(第173号)が発売されました。私の担当記事は「キエフ包囲戦」で、独ソ戦初期の1941年6月〜9月のウクライナ方面での戦いがメインですが、前史の部分ではキエフ(現キーウ)の町の起こりや、ロシア内戦期のウクライナが置かれた複雑な立場にも触れています。諸々の背景を知る参考になれば幸いです。

歴群 キエフ包囲戦2s.jpg

歴史群像」誌の6月号(第173号)は、創刊30周年記念号でもありました。私が最初に同誌へ寄稿したのは1999年の第38号で、当時は季刊でしたが、第45号から隔月刊になりました。1999年から数えて23年間で、一度だけ寄稿をお休みしましたが、それ以外の計135号には毎号(時には2本)原稿を寄稿してきました。付録のボードゲームを計4回、グラフィックも含めてデザインしたこともあります。

歴群 キエフ包囲戦3s.jpg


歴群 キエフ包囲戦4s.jpg

雑誌業界の栄華盛衰もある中で、同一誌に23年間も寄稿を続けてこられたのは、筆者としても感慨深いものがあります。ちなみに、それらの原稿の一部は、アマゾンkindleの電子書籍で個人出版していますので、興味のある方はご参照ください。近々、電子書籍の新刊も何冊か出します。

六角堂出版 電子書籍カタログ

ちなみに、7月発売予定の「歴史群像」誌次号の担当記事は「シリア内戦とロシア軍」です。対立の構図が複雑で全体像を把握しにくいシリア内戦ですが、ロシアの介入(前半は政治、後半は軍事)を軸に光を当てれば流れが読み取れると思います。ウクライナでのロシア軍の動きと重なる部分も多々あります。



テミス2s.jpg

さて、4月13日、竹田恒泰氏が私に対して起こした裁判での最高裁判所の決定が下されました。

【竹田恒泰氏の上告は棄却、上告受理申立は不受理】

つまり、東京地裁での一審、東京高裁での二審に続き、こちら側の全面勝訴でした。ご支援いただいた皆様、ありがとうございました。

裁判を支援する会トップs.jpg

この最高裁の決定を受けて、内田樹さんが総括するコメントを「裁判を支援する会」のサイトに寄せて下さいました。ありがとうございます。この「支援する会」のサイトでは、裁判の関連資料もいろいろ公開しています。

裁判を終えて(内田樹)

私も、「支援する会」のサイトにコメントを寄せました。裁判そのものは、こちら側の完全勝訴で終結しましたが、この裁判とその発端のツイートが示す日本社会の問題は、今もそのまま残っています。

最高裁判所の決定に関するご報告と、これからの行動計画について(山崎雅弘)

最高裁の決定書類は、以下のサイトでご覧いただけます。

2022年4月13日 最高裁決定資料

東京新聞記者会見 20220421s.jpg

4月21日の夕方、最高の弁護をしてくださった佃克彦さん、絶大なサポートをしてくださった内田樹さんと、全面勝訴を振り返る記者会見を行いました。その記者会見は、40分近くになりましたが、東京新聞の記事にある動画でノーカットでご覧頂けます。差別問題に関心のある方は、ぜひ最後までご覧ください。「裁判で私は被告の立場だったが、判決を読むと、原告の竹田氏を裁いたように感じた」という私の言葉も、記事中で紹介されています。

竹田恒泰氏の敗訴確定を受け、山崎雅弘氏らが会見「『日本は素晴らしい』も差別につながる」(東京新聞)


竹田裁判記者会見 弁護士ドットコムs.jpg

弁護士ドットコムのサイトでも、一審勝訴、二審勝訴の会見と同様、最高裁勝訴の会見も丁寧に記事で紹介して下さいました。「明治天皇の玄孫」という枕詞(?)は、竹田恒泰氏本人が訴状に書いたことなので、こんな風に不名誉な形で使われても、すべて竹田恒泰氏の責任です。

竹田恒泰さんの敗訴確定 「差別主義者」ツイート訴訟 「裁かれたのは彼のほう」(弁護士ドットコム)


竹田裁判記者会見 日刊スポーツs.jpg

日刊スポーツも、記者会見の内容を記事で紹介して下さいました。「人権侵害常習犯の差別主義者」という言葉を、私は他で使ったことはありませんが、東京地裁と東京高裁は、竹田恒泰氏の過去の言動を確認した上で、これは公正な論評であるとの判決を下し、最高裁判所もそれを支持しました。



この記者会見の翌日、東京の隣町珈琲で収録した、平川克美さんとの対談音源がリリースされました。

平川対談s.jpg

ウクライナ情勢とスラップ訴訟について」というのは、他ではあまり見かけないタイトルですね。竹田裁判における完全勝訴の報告のあと、ロシア・ウクライナ戦争について所見を述べました。

【特別対談】山崎雅弘×平川克美「ウクライナ情勢とスラップ訴訟について」(ラジオデイズ)



ここからは告知です。

未完の敗戦 対談 中村1s.jpg

6月19日(日)の午後、「ホロコースト教育資料センター」の主催で、ドイツ在住の中村美耶さんと「日本とドイツ それぞれの戦後」というテーマでZoom対談をします。中村さんは『未完の敗戦』第五章の259ページで書いた「ザクセンハウゼン強制収容所跡で仕事をする人」です。

対談では『未完の敗戦』第五章で触れた、戦後ドイツと戦後日本の「第二次大戦との向き合い方の違い」などについて、両国の実例を交えながら話す予定です。本の中で触れた、ドイツの戦争関連博物館で感じたことと、日本の戦争関連博物館で感じたことの大きな違いなども、より詳しく説明します。

先の戦争との向き合い方について「ドイツから学ぶ」と言うと、すぐに「ドイツを理想化する考えは」と論点をすり替える人がいますが、「学ぶ」とはドイツが理想だという意味ではなく、日本ができていないことをドイツはしているという程度の話です。日本はまだ、敗戦を「完結」させる作業において、スタートラインにも立っていないのでは、と思います。

日本とドイツ それぞれの戦後(詳細情報)



【おまけ】

伊勢神宮 20220524as.jpg

5月24日に伊勢志摩へ行きました。

伊勢神宮 20220524bs.jpg


伊勢神宮 20220524es.jpg

竹田裁判における完全勝訴や、今年刊行された新書二冊の売れ行き好調などのお礼の意味もあり、伊勢神宮の外宮と内宮へ。コロナの行動規制も徐々に緩んでいますが、この日はまだ人が少なく、静かな環境でした。

伊勢ごはん 20220524s.jpg

内宮そばのお店でいただいた、地魚の手こね寿司。
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 

2022年3月31日 [仕事関係のおさらい]

2月と3月に形となった仕事のおさらいです。

歴群ケーニヒスベルク1s.jpg

まず、3月発売の『歴史群像』最新号。今回の担当記事は、第二次大戦末期の東部戦線で繰り広げられた、東プロイセンとケーニヒスベルクの戦いを、独ソ双方の視点で詳述します。どちらも今の地図には存在しない地名ですが、そうなった理由についても最後で説明しています。

歴群ケーニヒスベルク2s.jpg


歴群ケーニヒスベルク3s.jpg


歴群ケーニヒスベルク4s.jpg

1945年のケーニヒスベルク攻略戦では、ソ連軍の方面軍司令官(上級大将)が前線視察中に戦死しましたが、普通は攻勢を仕掛ける側の将軍が戦死することは滅多にありません。しかし、今年2月24日に開始されたロシア軍のウクライナ侵攻では、ロシア軍の将軍や精鋭部隊指揮官がすでに6〜7人死んでいるとの情報です。近年の戦争では他に例がない、異様な展開になっている模様です。

第二次世界大戦秘史 書影.jpg

次に、前回の投稿で紹介した2月10日発売の新刊『第二次世界大戦秘史』(朝日新書)ですが、発売一週間で重版、発売から三週間後の3月3日にはさらに重版(三刷)が決まりました。買って下さった皆様、ありがとうございます。この本で提示した「大国対周辺国」の図式は、現在のロシア・ウクライナ戦争の構図を考えるヒントにもなるのでは、と思います。一日も早く停戦が成立することを祈ります。

プレジデント・オンライン記事s.jpg

ネット媒体「プレジデントオンライン」に、『第二次世界大戦秘史』のあとがき(プーチンのソ連回帰志向などに言及)と同書で提示した「大国と周辺国」の図式でウクライナ危機を読み解く原稿を寄稿しました。これを書いたのは、ロシア軍の侵攻開始前日の2月23日で、最後に少し追記しました。

大国のパワーゲームではない…ロシアのウクライナ侵攻を報じる日本のメディアに欠けた視点

以下は、プレジデントオンラインの記事より。

「戦争や紛争の発生を事前に回避するためには、それを引き起こす『力学』と『構造』を関係各国が理解し、軍事衝突を引き起こす『力点』と『作用点』を交渉で制御する必要があります。そこでは、特定の当事国から見た『善悪』や『正義』の概念は万能ではなく、それらの概念への過剰な固執は、逆に戦争や紛争の回避を妨げたり、勃発してしまった戦争や紛争の早期収束を阻む障害になることがあります」「ロシアとの戦争回避を意図したウクライナの『NATO加盟構想』が、逆にロシアとの戦争を引き寄せる効果を生み出しているのは、皮肉な展開だと言わざるを得ません」


AERA第二次世界大戦秘史s.jpg

雑誌「AERA」のネット媒体でも、『第二次世界大戦秘史』で取り上げた周辺国の大国への抵抗事例からロシア・ウクライナ戦争の構図を読むネット記事が公開されました。

過去の出来事が全てそのまま繰り返されることはありませんが、不透明な未来の道を探る手がかりとなる材料は、目を凝らせば見つかるはず。

「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

朝カル告知s.jpg

また、6月25日に朝日カルチャーセンターで【大国とは別の視点から第二次世界大戦を読む 『第二次世界大戦秘史』で光を当てた20か国の事例】というオンライン講座を行う予定です。

ヨーロッパの「周辺国」が、いかにして「大国」の横暴に立ち向かったかという事例を紹介します。

大国とは別の視点から第二次世界大戦を読む


20220210 神奈川新聞 歴史戦1s.jpg

2月10日付の神奈川新聞朝刊に、私のインタビュー記事が掲載されました。テーマは、自民党政権が最近言及した「歴史戦」についてで、三年前に上梓した『歴史戦と思想戦』(集英社新書)で指摘した話を絡めて、その本質と目的を論じています。

20220210 神奈川新聞 歴史戦2s.jpg


20220210 神奈川新聞 歴史戦4s.jpg

紙面のスペースをしっかりとっていただき、また重要なポイントを漏らさず記事に含めた構成で、読者や社内からの反応も良かったとのこと。しばらくしたら、政府はまた「歴史戦」という言葉を持ち出し、政策の既成事実化を図るでしょう。

20220210 神奈川新聞 歴史戦6s.jpg

歴史問題を「日韓戦」や「日中戦」にすり替えて、日本人なら「日本政府側」に立つのが当然、そうしない奴は「反日」。冷静に考えれば、頭がどうかしていると気づくでしょうが、大声で威圧的に、集団の大合唱でこの妄言を繰り返せば、メディアも腰が引けて従います。けれども、歴史認識が政府の支配下に入ってどうなるかは、かつての大日本帝国や今のロシアが我々に教えるところです。

デモクラ 歴史戦と思想戦1s.jpg

その『歴史戦と思想戦』について、Zoomで収録した解説動画が、ネット媒体「デモクラシータイムス」のYouTubeチャンネルで公開されました。44分ほどありますが、産経新聞と安倍晋三グループ(日本会議なども含む)が盛んに展開する「歴史戦」とは何かを解説しています。最後では『第二次世界大戦秘史』の話にも少し触れています。

山崎 雅弘 歴史戦と思想戦【著者に訊く!】20220223

歴史戦とはなにか1s.jpg


歴史戦とはなにか2s.jpg


歴史戦とはなにか3s.jpg

上の画像は、デモクラシータイムスの『歴史戦と思想戦』動画で使うつもりで用意したものの、結局使わなかった説明画像3点。話した内容の一部を抜粋したものです。「歴史戦」の問題点、特に欺瞞のトリックと日本人および日本社会にとっての弊害の大きさを皆で理解するために、自由に拡散していただいて構いません。


「自由」の危機1s.jpg


「自由」の危機 01s.jpg

さて、昨年刊行された『「自由」の危機』(集英社新書)に寄稿した「守るべきは自由」の文章が、本年度の某大学の入試問題で使われ、入試過去問題として大学ウェブサイトにも掲載したいとの依頼が。もちろん快諾しました。小学校から大学まで幅広く使っていただいて嬉しく思います。自由の価値を理解する人が増えて欲しい。

歴史戦と思想戦1.jpg

また、『歴史戦と思想戦』(集英社新書)の一部が某大学の入試問題に使用されたので、大学入試の過去問題集に収録したいという連絡もあり、もちろん快諾しました。既存秩序への無批判な服従を良しとする「権威主義」の風潮が広がる現状についても、若い人に考えていただけたら幸い。今の選択が将来を左右する。

週刊朝日 創刊100周年2s.jpg


週刊朝日 創刊100周年3s.jpg

それから、「週刊朝日」2月25日号の「『週刊朝日』が報じた大正・昭和・平成の大事件」に、私のコメントも少し掲載されています。「大日本帝国時代のもの」は「大日本帝国時代以前のもの」に修正し、「皇室を」の前に「天皇や皇族よりも」を挿入して読んで下さい。

今日はこのあと、8月に出す予定の新書の原稿を仕上げ、明日からは5月に出る別の新書の再校ゲラの仕事に取りかかります。

下は、先日車で訪れた鳥羽の海です。

鳥羽as.jpg

 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

2022年1月31日 [仕事関係のおさらい]

遅くなりましたが、2022年の幕が開けました。本年も、よろしくお願いいたします。今年は、久々に自著を何冊か出せる年になりそうです。

第二次世界大戦秘史 書影.jpg

一冊目は、2月10日発売予定の朝日新書『第二次世界大戦秘史』(朝日新聞出版)。従来、独英仏伊ソの五大国の視点中心で語られがちだった第二次大戦のヨーロッパ・中近東戦域について、ポーランドからイラクまでの関係国、計20か国それぞれの視点からも光を当てる内容です。

20か国の具体的な国名を挙げると、ポーランド、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、オランダ、ベルギー、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ユーゴスラヴィア、ギリシャ、チェコスロヴァキア、イラン、イラク、シリア、レバノン、パレスチナになります。これら各国の政情や、第二次大戦期の立ち位置を読み解きます。

第二次大戦の原因や経過についての予備知識がない人にも、個々の周辺国の立ち位置が理解できるよう、序章では第一次大戦終結から第二次大戦終結までの五大国の動向と戦争の推移を、終章では戦後の欧州における各周辺国の歩みを解説しました。ヨーロッパ近現代史の学び直しにも最適な一冊です。

5月には、二冊目の新書が出る予定ですが、こちらも発売が近づいたら情報を告知します。その後は、発売時期は未定ですが、新しい本の執筆を二冊分始めており、できれば年内にどちらか、または両方を出したいと考えています。


歴群 第二次ハリコフ1s.jpg

1月発売の『歴史群像』最新号ですが、私の担当記事は「第二次ハリコフ攻防戦」です。

歴群 第二次ハリコフ2s.jpg


歴群 第二次ハリコフ3s.jpg


歴群 第二次ハリコフ4s.jpg

1942年5月に発生した、独ソ戦1年目の締めくくりとも言える、攻防の立場が数日のうちに急転回した戦いで、初年度の独ソ両軍の「力量の差」が勝敗を分けました。しかし、この戦いでのドイツ軍の勝利は、後にスターリングラードの大敗へと繋がる皮肉な展開に。


Wezzy13回as.jpg

また、Wezzyの連載「詭弁ハンター」の第13回が公開されました。今回のテーマは【日本人はなぜ権力者の詭弁を見抜けず 何度もだまされてしまうのか】。なぜ日本では詭弁が詭弁として認識されず、繰り返しだまされるのかを検証します。

Wezzy13回bs.jpg

日本人が、権力者(企業の社長や幹部も含む)などの詭弁に弱い大きな理由として、「批判的思考」の弱さが挙げられます。実際、日本の小学校や中学校では、生徒の批判的思考力を伸ばす教育を十分にしておらず、そのような教育の重要度や必要性についても、社会で認識されているとは言えません。

日本人はなぜ権力者の詭弁を見抜けず 何度もだまされてしまうのか(Wezzy)/a>

Wezzy13回cs.jpg

一年続いたWezzyの連載「詭弁ハンター」は、今回でいったん終了ですが、全13回の記事は引き続き閲覧できる状態なので、ぜひ日本社会でよく見かける「何かおかしい理屈」の欺瞞性を読み解くヒントにしてください。詭弁のパターンを認識すれば、類似の詭弁を見抜くのも容易になります。

山崎雅弘の記事一覧(Wezzy)


保険診療 中島岳志 対談1s.jpg

あと、昨年11月にZoomで行った中島岳志さんとの対談が収録された『月刊 保険診療』(医学通信社)の2022年1月号も刊行されました。

保険診療 中島岳志 対談2s.jpg


保険診療 中島岳志 対談3.jpg

新型コロナ対応で露呈した、日本政府と日本型組織の問題点を、戦前〜戦中の事例や社会学上の観点で読み解く内容でした。中島さんとは戦前戦中の日本などに関する前提知識を共有できているので、対談はとてもスムーズに進みました。

中島さんとは隣町珈琲の旧店で一度ご挨拶しましたが、きちんとお話したのは今日が初めてでした。ありがとうございました。


歴史戦と思想戦 1位s.jpg

ところで、3年前の2019年5月に上梓した『歴史戦と思想戦』(集英社新書)が、久々にAmazonでカテゴリーのベストセラー1位になっていました。

歴史戦と思想戦3s.jpg

佐渡金山をめぐる安倍晋三氏らの動きと、NHK番組(1月27日放送の「シブ5時」)での「歴史戦チーム」紹介がきっかけだと思いますが、こういう危ない動きが出た時に、即座にその問題点を世に知らしめられる本なので、出しておいて正解だったと感じます。多くの人に「歴史戦」の欺瞞とトリックを知ってもらえたら、と思います。


鳥羽1ds.jpg

 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
仕事関係のおさらい ブログトップ