So-net無料ブログ作成

2013年12月30日 [その他(雑感・私生活など)]

2013年も今日を含めて2日となりました。告知を忘れていましたが、シックス・アングルズ別冊第10号『パンツァークリーク』は、12月25日より店頭発売となっております。

PKcover01.jpg

今年は、この『パンツァークリーク』と別冊第9号『独ソ戦コレクション-2: 突撃レニングラード/突撃スターリングラード』をシックス・アングルズとして制作・出版したほか、雑誌『歴史群像』と『歴史人』の雑誌およびムックの仕事、マララ・ユスフザイさんの単行本『わたしはマララ』の編集協力、そして「六角堂出版」名義での電子書籍シリーズの個人刊行など、前半の6か月は昼間に家具工場で働いていたことを考えれば、それなりに充実した仕事の成果を残せたのではないかと思います。

歴群.JPG


rekisijin1.JPG


malalacover.JPG


電子書籍.jpg

年号が2013年から2014年に変わっても、何か区切りがつくわけではなく、今手掛けているいくつかの仕事が次々と世に出る予定です。雑誌やムックの原稿に加えて、文庫本やシックス・アングルズの続刊、電子書籍事業の拡大、箱入りゲームの発売など、来年は今年以上に面白い展開になるかと思います。

今年1年、私の諸々の仕事をご愛顧いただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

soni4.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

2013年12月20日 [パンツァークリーク]

boxarrive.JPG


ship02.JPG

昨日の記事を書いたあと、台湾からの荷物が15箱で大挙して押し寄せてきました。改善版段ボールのお陰か、箱の破損は皆無。ということで、シックス・アングルズ別冊第10号『パンツァークリーク』のプレオーダー分を、本日無事に発送しました。宅急便40個、メール便120通。

ship01.JPG


sample.JPG

一見すると、特に変わったところはないように見えますが、実はマップの寸法が通常の「フルサイズ」とは違っています。フルサイズ=A1は、841ミリx594ミリですが、今回のマップはヘクスのサイズを限界まで大きくするため、866ミリx594ミリとなっています。つまり、長い方の辺が25ミリ長くなっています。A4用ジップロック袋に入るギリギリのサイズ。

mapunit3.JPG

マップに将軍ユニットを並べてみたところ。ご覧のとおり、隣のへクスのユニットとぶつかることはありません。

unit1.JPG


unit2.JPG


unit3.JPG


unit4.JPG

駒シート。OSG社版やアバロンヒル社版よりも色分けを増やして機能面の向上をはかっています。

snow1.JPG


snow2.JPG

今日の午前中、名張は雪でした。このまま積もると輸送に影響が出るかも、と思いましたが、午後には小雨になって雪は消えました。

プレオーダーの募集は、12月24日(クリスマスイブ)の午後11時59分まで受け付けています。

PKcover01.jpg


シックス・アングルズ別冊第10号
パンツァークリーク
2013年12月20日プレオーダー発送
2013年12月25日店頭発売予定

小売価格 7140円(本体6800円)
プレオーダー価格 6615円(本体6300円)

シックス・アングルズ別冊第10号の内容紹介ページ
※マップやユニットの見本をご覧いただけます。
 
《プレオーダー特典》
本体価格約500円割引
店頭発売5日前に発送
送料無料(ヤマト運輸メール便にて発送)
二冊以上ご注文の場合は宅急便にて翌日配達指定
ドイツ陸軍参謀本部作成の戦況報告用地図
 「Lage Ost(ラーゲ・オスト)」南方軍集団戦区
 のコピー(A3判白黒)を添付
希望される方のみ、日本版発行人のサインを製品にお入れします。

《プレオーダー同時注文特典》
「独ソ戦コレクション」のプレオーダーと同時に、
 第14号「ベアズ・クロウ」(通常価格5460円)
 別冊第7号「ウエストウォール」(通常価格7140円)
 別冊第8号「東方への突撃」 (通常価格6090円)を
 ご注文いただいた場合に限り、それぞれ3割引の価格
 でご提供いたします。商品は、別冊第9号と同梱して
 発送いたします。


Bearscover.jpg

blogsale1.jpg


wwsnocover520.jpg

blogsale2.jpg


blogsale3.jpg


今回も、従来のプレオーダー特典に加えて「プレオーダー同時注文特典」をご用意いたしました。「ベアズ・クロウ」「ウエストウォール」「東方への突撃」共に数量限定生産ですので、品切れとなり次第、特典販売も締め切りとさせていただきます。
nice!(1)  コメント(0) 

2013年12月19日 [パンツァークリーク]

シックス・アングルズ別冊第10号『パンツァークリーク』が、12月17日夜に台湾の印刷所を発送されたとの連絡がありました。下は、メールに添付されていた、パッキング後の段ボール箱の写真。前回前々回はショボい段ボールで、到着時に角が裂けているものが結構あったので、その事実を伝えたら段ボールの品質を改善してくれた模様です。

boxes.JPG

台湾の印刷所に仕事をお願いするのは、今回で3度目となり、台北での打ち合わせも3回以上(1回の訪台で2回やったことも)ということで、お互い気心の知れた感じでスムーズに仕事ができました。ジップロック袋への詰め方も、以下のような「指示書」を送ったら即座に「了解!」との返事がありました。

packing.jpg

そして今日、印刷所のスタッフから次のようなメールが。「輸送中に万が一ダメージが生じた場合に備えて、個々のパーツを余分に入れた箱を一箱追加したから。」こういう心配りに触れると、今まで以上に台湾への親近感を覚えます。

日本の印刷所でも、以前に同様のことをしてくれた会社はありましたが、最近は見かけなくなってしまいました。理由はおそらく「コスト削減」でしょう。本当の「豊かさ」とは何だろう、と改めて考えさせられます。もっとも私自身、シックス・アングルズの印刷を台湾にシフトした背景には「コスト」の問題があるので、あまり偉そうなことも言えないのですが。しかし、お客さんへの気配りという面での「豊かさ」は、これからも失わないように心掛けたいものです。

lageostmap1.jpg

上は、今回のオマケとして封入する「1942年6月27日のラーゲ・オスト地図」。ラーゲ・オスト地図とは、総統ヒトラーへの戦況報告のために陸軍参謀本部が作成した特製戦況図ですが、ドイツ軍が「ブラウ(青)作戦」を開始したのは1942年6月28日で、その開始直前のドイツ軍各部隊(軍から師団まで)の配置と、ドイツ側が確認した範囲でのソ連軍の部隊配置(あまり正確とは言えない)を記しています。『パンツァークリーク』でも独ソ両軍の激戦地となる、クルスク、ヴォロネジ、ハリコフ、イジュム、ポルタヴァ、ドニエプロペトロフスク、ザポロジエ、スターリノ、タガンログ、ロストフなどが収まるようトリミングしています。「CHARKOW」とあるのがハリコフです(ドイツ語表記だとChが頭になる)。


lageostmap2.jpg


lageostmap3.jpg


lageostmap4.jpg

商品の発送日についてですが、税関通過の日数が不明とはいえ、週末までにはプレオーダー分を発送できるのではないかと思います。正式な日付はまだ何とも言えませんが、もし今日中に商品が到着すれば、12月20日プレオーダー発送、12月25日店頭発売という形にできるかと思います。ただし、これはあくまで楽観的な予測なので、もしかしたら数日延びるかもしれません。

シックス・アングルズ別冊第10号『パンツァークリーク』プレオーダーの募集は、店頭発売日前日の午後11時59分まで受け付けています。

PKcover01.jpg


シックス・アングルズ別冊第10号
パンツァークリーク
2013年12月プレオーダー発送予定
2013年12月店頭発売予定

小売価格 7140円(本体6800円)
プレオーダー価格 6615円(本体6300円)

シックス・アングルズ別冊第10号の内容紹介ページ
※マップやユニットの見本をご覧いただけます。
 
《プレオーダー特典》
本体価格約500円割引
店頭発売5日前に発送
送料無料(ヤマト運輸メール便にて発送)
二冊以上ご注文の場合は宅急便にて翌日配達指定
ドイツ陸軍参謀本部作成の戦況報告用地図
 「Lage Ost(ラーゲ・オスト)」南方軍集団戦区
 のコピー(A3判白黒)を添付
希望される方のみ、日本版発行人のサインを製品にお入れします。

《プレオーダー同時注文特典》
「独ソ戦コレクション」のプレオーダーと同時に、
 第14号「ベアズ・クロウ」(通常価格5460円)
 別冊第7号「ウエストウォール」(通常価格7140円)
 別冊第8号「東方への突撃」 (通常価格6090円)を
 ご注文いただいた場合に限り、それぞれ3割引の価格
 でご提供いたします。商品は、別冊第9号と同梱して
 発送いたします。


Bearscover.jpg

blogsale1.jpg


wwsnocover520.jpg

blogsale2.jpg


blogsale3.jpg


今回も、従来のプレオーダー特典に加えて「プレオーダー同時注文特典」をご用意いたしました。「ベアズ・クロウ」「ウエストウォール」「東方への突撃」共に数量限定生産ですので、品切れとなり次第、特典販売も締め切りとさせていただきます。
nice!(2)  コメント(0) 

2013年12月10日 [パンツァークリーク]

PKcover02.jpg

今日は、シックス・アングルズ別冊第10号『パンツァークリーク』の進行状況についてのご報告です。予定より少しずれ込んでしまいましたが、現在台湾の印刷所で印刷と製本、パッキングの最終作業が進んでおり、今週末か来週頭には現地を発送されるものと思います。

地図・駒・チャートは、ほとんど問題無く印刷に進んだのですが、本誌の日本語フォントに原因不明のトラブルが発生したため、その対処に日数を費やしてしまいました。別冊第9号『突撃レニングラード/スターリングラード』の時と同じフォントを使っていて、前回は正しく出力されましたが、今回はなぜか別のフォントに差し替えられてしまう現象が発生するという異常事態に。

台湾の印刷所のスタッフと意見交換しながら、いろいろ試行錯誤したものの、結局正しいフォントは出ず、一番近いフォントで妥協することになりました。先週の金曜日、「これ以上出版を遅らせることはできないから、今週中に仕上げたい」と伝えたら、フォントを置き換えた本誌データを1ページずつJPEGに変換して(PDFのフォントはマシンに影響されるため)最終確認のためメールで送ってくれました。それをブログ用に縮小したのが、下の画像です。

02s.JPG


08s.JPG


27s.JPG

ルールのページ。厳密には違うフォントですが、実用には差し支えないと思います。

30s.JPG

ジョン・プラドス氏のデザイナーズ・ノート。ゲームのデザインコンセプトなどについて語っています。

36s.JPG

同じくジョン・プラドス氏によるヒストリカル・ノート。私の作った戦況図8点を含め、12ページの記事です。

52s.JPG

こちらはリプレイ記事の見本。

作業を担当してくれているのは、何度か台北で直接会って打ち合わせをした相手。メールの文面を見ながら、真面目そうな彼の顔を思い浮かべます。向こうが深夜まで仕事してくれているのに、こちらが先に寝るわけにはいかないので、私もマシンに座ってデータが東シナ海を渡ってくるのを待っていました。データにいくつかエラーを発見して、見本画像にフォトショップで赤のマーキングを入れて返送。修正後のデータを再送信。OK。というようなやりとりを何度か繰り返し、全ての確認作業が終わったのは午前2時30分頃でした。

台湾とは時差があると言っても1時間で、向こうも午前1時30分。完全な深夜作業です。全ての確認が終わった後「お互い今日はよく働いたね。おやすみ」と伝え合って眠りにつきました。

ということで、お待たせして誠に申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただければ幸いです。プレオーダーは、引き続き募集していますので、よろしくお願いいたします。

PKcover01.jpg


シックス・アングルズ別冊第10号
パンツァークリーク
2013年12月プレオーダー発送予定
2013年12月店頭発売予定

小売価格 7140円(本体6800円)
プレオーダー価格 6615円(本体6300円)

シックス・アングルズ別冊第10号の内容紹介ページ
※マップやユニットの見本をご覧いただけます。
 
《プレオーダー特典》
本体価格約500円割引
店頭発売5日前に発送
送料無料(ヤマト運輸メール便にて発送)
二冊以上ご注文の場合は宅急便にて翌日配達指定
ドイツ陸軍参謀本部作成の戦況報告用地図
 「Lage Ost(ラーゲ・オスト)」南方軍集団戦区
 のコピー(A3判白黒)を添付
希望される方のみ、日本版発行人のサインを製品にお入れします。

《プレオーダー同時注文特典》
「独ソ戦コレクション」のプレオーダーと同時に、
 第14号「ベアズ・クロウ」(通常価格5460円)
 別冊第7号「ウエストウォール」(通常価格7140円)
 別冊第8号「東方への突撃」 (通常価格6090円)を
 ご注文いただいた場合に限り、それぞれ3割引の価格
 でご提供いたします。商品は、別冊第9号と同梱して
 発送いたします。


Bearscover.jpg

blogsale1.jpg


wwsnocover520.jpg

blogsale2.jpg


blogsale3.jpg


今回も、従来のプレオーダー特典に加えて「プレオーダー同時注文特典」をご用意いたしました。「ベアズ・クロウ」「ウエストウォール」「東方への突撃」共に数量限定生産ですので、品切れとなり次第、特典販売も締め切りとさせていただきます。
nice!(1)  コメント(0) 

2013年12月1日 [その他(雑感・私生活など)]

soni4.JPG

昨日、つまり11月の最後の日ですが、久しぶりに雲がない秋晴れの気候だったので、昼食に食べる予定だったごはんとおかずをタッパーに詰めて、青蓮寺湖と香落渓、曽爾高原へ出かけてきました。

shorenji.JPG

青蓮寺湖は、家から車で5分ほど走ったところにある湖で、けっこう景色が奇麗なので、お客さんがくると案内することも多いです。そして、この細長い湖から南(上の写真では奥)へと伸びる険しい渓谷が、香落渓(こおちだに)です。ところどころ、岩肌が丸見えになっている谷を観ながら南へと車を走らせると、青蓮寺湖から15分くらいで曽爾高原に着きます。

koochi2.JPG


koochi1.JPG


koochi3.JPG


momiji.JPG

香落渓を通過中に車を停めて撮った写真。今年は夏が長く、短い秋を素通りしていきなり冬へと突入したような気候だったため、もみじは紅葉になる前の黄色い状態で落葉してしまっています。

soni02.JPG


soni3.JPG


soni8.JPG

曽爾高原は、奈良県が三重県に張り出した突出部(私は「宇陀バルジ」と呼んでいます)にある風光明媚な高原で、特に秋のすすきが有名です。時期と気候の関係で、すすきの見頃は過ぎていたようですが、見晴らしのいい場所からの眺めは「其の者、青き衣を纏いて金色の野に降り立つべし」の「金色の野」そのまんまでした。ただし、日陰の部分にはうっすらと雪(!)が積もっていました。

soni5.JPG


soni9.JPG


soni6.JPG


soni1.JPG

今日から12月ということで、2013年ものこりわずかです。年内は、シックス・アングルズ別冊第10号『パンツァークリーク』のプレオーダーと小売店向けの発送作業を除けば、ひたすら新しい文庫本の執筆に明け暮れる日々です。テーマや発売予定日は改めて告知しますが、今回も内容の充実した本に仕上げるよう、ベストを尽くします。

soni7.JPG


nice!(1)  コメント(5)